痛くない麻酔にビックリでした

顎関節症治療のために歯科医院へ

昔から噛み合わせが悪く顎関節症のような症状が気になっていたので、歯列矯正を始めました。歯列矯正を始めるにあたり、虫歯の治療と下顎2本の抜歯をしたのです。元々抜歯や麻酔の痛みを感じやすいので、治療前はとにかく不安で緊張していました。体全身に力が入るほど緊張して固まっていたのですが、いざ麻酔の注射を刺されると、驚くほど痛みを感じなかったのです。思わず、針刺しましたか?と聞いてしまう程でした。何かが歯茎に当たった感覚はあったものの、針が刺さる痛みは全くありません。あっという間に麻酔は効き、感覚が無くなりました。抜歯では、顎の力が弱くて心配していましたが、先生が顎を押さえてくれました。

抜歯に気付かなかった経験

力を入れて顎を引くようにと抜歯している最中に声をかけてくれていたので、すぐに歯が抜けました。抜くときの痛みも感じる事なく終わり、安心して深いため息をついた事をよく覚えています。これまでいくつかの歯科医院に通った事がありますが、痛みを強く感じたり先生との意思疎通ができなかったりと、あまり気に入る医院がありませんでした。しかし、今回の歯科医院は丁寧な説明をしてくれたり、私の質問や疑問にも納得いくまで答えてくれます。もちろん治療も全く痛くなく、治療に通う事の憂鬱さが無くなりました。スキンケア、エイジングケアで美容成分で知らない方ほとんどいないにぐらい有名なヒアルロン酸ですが、サプリでもよく利用されていて、エイジングケア化粧水などでもヒアルロン酸利用されています。ですが、一口にたくさんの種類があり使い道も様々で、この名前しっていても正しい知識がなく、美肌効果ある、間接にいいといったイメージで利用する方が多いでしょう。

審美歯科でも有名

そしてこれについて考えれば、人が元からあるもの、人以外から作ったものに分け考えるのが大事で、その違いり飽きsh知恵置くのが正しいエイジングケアの第一歩になります。そしてヒアルロン酸の美容、絵kン港に対して理解をしてください。そして、ヒアルロン酸はグリコサミノグリカンの1種で、これはアミノ酸と糖分が幾重にも重なりできていて、通常分子量数百万という大きな分子で人、動物の体にあります。高分子ポリマーで、ヒアルロン酸はネバっとした物で、ムコ多糖類と呼ばれます。そしてヒアルロン酸は動物の辛ぢありますあg基本的な形は一緒で、そうしたヒアルロン酸は目やおへそなどにたくさんあります。ヒアルロン酸は目で眼球の穴kにあるガラス体成分でねばっとした特性で目の組織同士くっつけて目の形維持します。

PR|姫路で痛くない胃カメラなら

クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビ

コメントは受け付けていません。